Aの7つの発音

英語の勉強

今回は「a」の発音
について解説していきます。


細かく分類すると
aには7種類の発音がある
ことをご存じでしたか?

ネイティブは、
この7種類を自然に使い分けています。


かなり微妙な違いのものもあるので
ネイティブレベルの発音を目指している方は
ぜひ確認してみてください。

Aの7つの発音一覧

発音単語発音のコツ
æ /「エァ」
exact, actually, apple
エー→アーと言ってみましょう。
エからアに音が変わるちょうど間の音です。
ɑ: /音があがる「アー」
 father, alms, barn
普通にアーというより
少し音があがる
ǝ /短く曖昧な「ア」
about, around, zebra
曖昧に短く「ア」
ɔː /音が下がる「ア」
ball, tall, calling, law
・あくびの時の口
・オとアの間の音
・音がさがるイメージ
ei /アルファベット読みの「エイ」
cable, stable, able, ate
エにアクセントを
きかせて「エイ」
e /伸ばす「エー」
share, careful, rare, air
通常の「e」の発音をそのまま伸ばして「エー」
ə/ 短く曖昧な「エ」
private, climate, senate
曖昧に短く「エ」

シュワ音”ə“にご用心

ちなみに発音記号のə
シュワ音といいます。
こちらは非常に曖昧で特徴がない音。


それゆえ
①と⑦の発音は”ə“ですが
同じようで同じ発音ではない…
という説明も難しい音になっています。

曖昧に発音されるのがə
つまり
ア、イ、ウ、エ、オを曖昧に発音すると
全部əという音になる
ということです。

だから
曖昧な「ア」も
曖昧な「エ」も両方

əという音になります。

同じ単語でも変わるaの発音

いくつかの単語は
①弱形と②強形の2種類を
持っているのをご存じでしたか?

・弱形⇒短くて言いやすい発音(日常的に使われる)
・強形⇒丁寧/強調のときに使う発音


この弱形と強形によって
同じ単語でも発音が変わる場合があるのです。

例えば”and“は発音が2種類あります。

発音記号例文
<弱形の場合>
 ン / ンド /ァン
ən(d)
aの発音はə
Salt and pepper.

(塩とコショウ)
<強形の場合>
アンド
ænd
aの発音はæ
He is rich and handsome.

(彼はお金持ちでしかもハンサムだ)

表にある強形の例文
「彼はお金持ちで“しかも”ハンサムだ」

のようにandの部分を
強調したりする場合は強形の発音、
それ以外は基本的に弱形の発音が使われます。

ネイティブが日常で
頻繁に使うのは弱形

弱形と強形の理解は
リスニング攻略のカギにもなります。
詳しくはコチラの記事をチェックしてみてください。

コメント